◆初回送料無料◆気になりだしたその体重にメタボメ茶

内臓脂肪の燃焼法

メタボリック症候群対策には内臓脂肪を燃焼させることが重要です。内臓脂肪を減らすのは意外と簡単です。余分な脂肪は燃焼させればいいわけです。うれしいことに、内臓脂肪は「運動」すれば、確実に燃焼します。蓄積してしまった内臓脂肪は運動で少しずつ消費し、食べ過ぎたときは、その分のカロリーを溜め込まないように小まめに身体を動かすように心掛けましょう。


メタボリック症候群対策には、買い物や通勤時に一駅歩いたり、階段を使う、こまめに動くなど日常生活のちょっとした工夫と努力が、内臓脂肪の解消に役立ちます。たったこれだけのことでも日々の積み重ねで、確実に内臓脂肪の燃焼につながっていきます。


メタボリック症候群対策として、厚生労働省に設置された「生活習慣病健診・保健指導の在り方に関する検討会」では、生活習慣病対策のスローガンを掲げています。

(1)運動習慣の徹底
(2)食生活の改善
(3)禁煙

それでもよくならない人には薬の投与をすすめています。


メタボリック症候群対策として掲げられている、「運動習慣の徹底」「食生活の改善」「禁煙」、これらは日々の心がけで充分に対策できる項目となっています。毎日のちょっとした心がけで、将来に渡っての生活習慣病の予防となりますので、是非しっかりと実践していきましょう。

メタボリック症候群と内臓脂肪型肥満

メタボリック症候群対策には内臓脂肪型肥満を予防することが大切です。肥満には、洋ナシ型といわれる下半身肥満とリンゴ型といわれる上半身肥満タイプがあります。洋ナシ型とは、下腹部や太もも、お尻に脂肪がつきやすい、ほとんどが皮下脂肪型肥満をいい、女性に多くみられます。りんご型とは、特にお腹まわりに脂肪がついている内臓脂肪型肥満を指すといわれています。 メタボリック症候群に該当する人は、腹囲が男性で85cm以上、女性で90cm以上で、内臓脂肪面積が男女ともに100平方センチ以上あると推定され、健康上の危険領域に足を踏み込んだ状態といえます。 メタボリック症候群は内臓脂肪が非常に問題になります。小腸などの内臓の周囲に蓄積された内臓脂肪が怖いのは、動脈硬化を抑制する作用のあるアディポサイトカインという物質の正常な分泌を妨げることです。その結果、動脈硬化が進み、糖・脂質代謝異常、高血圧になり、やがて重篤な心血管疾患等をひきおこします。 メタボリック症候群対策には喫煙習慣の改善も重要だといわれています。メタボリック症候群に喫煙習慣が加わると、病気の発症リスクがさらに高まるので、喫煙習慣の改善も早急の対策となります。

メタボリック症候群対策のための生活活動

メタボリック症候群対策のための運動量の目標は、週23エクササイズの活発な身体活動(運動・生活活動)を行う!そのうち4エクササイズは活発な運動を!というものとなっています。 メタボリック対策のための運動量の目標の中にある、1エクササイズに相当する活発な身体活動とはどういったものなのかも定義されています。次は生活活動に関する項目から説明をします。」 ・歩行、車の荷物の積み下ろし:20分 ・自転車、子供と遊ぶ:15分 ・雪かき:10分 ・重たい荷物を運ぶ:7から8分 この運動指針は健康成人を対象としています。持病のある方はかかりつけの医師に相談し、安全に運動を実施することが望まれます。メタボリック対策のために安全に運動を継続することが大切です。

メタボリック症候群対策のための運動

メタボリック症候群対策のための運動量の目標は、週23エクササイズの活発な身体活動(運動・生活活動)を行う!そのうち4エクササイズは活発な運動を!というものとなっています。 メタボリック症候群対策のための運動量の目標の中にある、1エクササイズに相当する活発な身体活動とはどういったものなのかも定義されています。まずは運動に関する項目から説明します。 ・軽い筋力トレーニング、バレーボール:20分 ・速歩、卓球:15分 ・軽いジョギング、バスケットボール:10分 ・ランニング、水泳:7から8分 この運動指針は健康成人を対象としています。持病のある方はかかりつけの医師に相談し、安全に運動を実施することが必要です。メタボリック症候群対策のために安全に運動を継続することが重要です。

メタボリック症候群対策のための運動量

メタボリック症候群対策には生活習慣病予防のための運動が欠かせません。厚生労働省は、増加する生活習慣病を予防するために「健康づくりのための運動指針2006<エクササイズガイド2006>」を発表しました。この運動指針は、安全で有効な運動を広く国民に普及することを目的とし、現在の身体活動量や体力の評価、目標の設定方法、運動内容の選択などについて具体的に示しています。

メタボリック症候群対策のための運動量の目標というのがあり、健康づくりのための身体活動量の目標というのが定められています。その内容は、週23エクササイズの活発な身体活動(運動・生活活動)を行う!そのうち4エクササイズは活発な運動を!というものとなっています。

メタボリック対策のための運動量の目標における、「身体活動」とは、「安静にしている状態より多くエネルギーを消費する全ての動き」と定義され、「運動」と「生活活動」に分けられます。

メタボリック症候群対策には、運動と生活活動を組み合わせて週23エクササイズ、そのうち4エクササイズは運動を行うことを目標とします。継続することが重要なので、無理をせずに日常生活の中で生活活動量を増やしたり、ライフスタイルに合わせた運動を行うことが推奨されています。

メタボリック症候群と生活習慣病

メタボリック症候群対策には、メタボリック症候群に着目した健診や保健指導が不可欠です。現在、生活習慣病の患者やその予備群が増加しており、生活習慣病が死亡原因の約6割、国民医療費の約3割を占めています。このため生活習慣病の予防、特に、健診による予備群の早期発見と保健指導の徹底が重要と考えられています。

メタボリック症候群は内臓脂肪肥満が生活習慣病の共通の要因となっていることから、厚生労働省は、平成20年4月から医療保険者において40歳以上を対象にメタボリック症候群に着目した健診・保健指導を行うこととしています。これにより、平成27年度には平成20年に比べて糖尿病等の生活習慣病の有病者・予備群を25%減少させることを目標としています。

メタボリック症候群は過食、飽食などの食生活、運動不足などの長年の不健康な生活の蓄積が背景にあることは疑いのない事実です。便利で豊かになった生活が命を脅かしかねない病気の温床となっています。最近では、若年層の内臓脂肪蓄積肥満も懸念されています。

メタボリック症候群対策は子供から大人までの全世代に渡って、気をつけていかねばならない、最優先課題です。年齢を問わず日ごろからの健康管理に気を配ることが大切です。

メタボリック症候群の患者数

メタボリック症候群対策には食事療法や運動が大切です。メタボリック症候群は、内臓脂肪の蓄積と、それを基盤としたインスリン抵抗性及び糖代謝異常、脂質代謝異常、高血圧を複数合併するマルチプルリスクファクター症候群で、動脈硬化になりやすい病態です。

メタボリック症候群対策が必要な人達は、40歳から74歳の男性2人に1人、女性の5人に1人がメタボリック症候群が強く疑われるかその予備群と考えられ、同年齢における有病者数は約940万人、予備群者数は1020万人、併せて約1960万人と推定されています。

メタボリック症候群では、虚血性心疾患や脳血管疾患などの動脈硬化症疾患を発症する可能性が高くなります。そのため運動習慣の徹底や食生活の改善など生活習慣の改善により内臓脂肪を減少させ、それらの発症リスクの低減を図る必要があります。

メタボリック症候群とは

最近メタボリック症候群という言葉をよく見たり、聞いたりしますね。でも、メタボリック症候群とは具体的にどんな状態のことをいうのか、なぜ、からだによくないのか、どんなふうに対応したらいいのか、きちんと答えられる人は意外に少ないようです。

メタボリック症候群の原因は、お腹や内臓の周りに脂肪が溜まった状態です。つまり肥満の状態なんですが、肥満は大きく2つのタイプに分かれます。ひとつは内臓の周りに脂肪が蓄積する「内臓脂肪型肥満」です。もうひとつは、下腹部や腰、おしり、太ももの周りの皮下に脂肪が蓄積する「皮下脂肪型肥満」です。

メタボリック症候群対策には、「内臓脂肪型肥満」と「皮下脂肪型肥満」の両方に対して必要です。このうち、内臓脂肪型肥満は、隠れ肥満とも言い、一見するとそれほど太って見えないことが多いのですが、実は高脂血症、高血圧、糖尿病を引き起こして動脈硬化を進める原因になることがわかっています。

一つひとつは軽症でもこうした「内臓脂肪型肥満、高脂血症、高血圧、糖尿病」など、動脈硬化を進めるリスクを複数併せ持った状態のことをメタボリック症候群といいます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。