◆初回送料無料◆気になりだしたその体重にメタボメ茶

メタボリック症候群 診断基準記事一覧

メタボリック症候群 診断基準

メタボリック症候群対策には、まず自分がメタボリック症候群なのかどうかのチェックすることが必要です。では、自分がメタボリック症候群なのかどうかのチェックをするにはどうすればよいでしょうか。メタボリック症候群のチェックには、おへその高さの腹囲と血液中の脂質や空腹時血糖、血圧の値を組み合わせて判断します。


まず腹囲についてですが、男性で85センチ以上、女性で90センチ以上であることが、メタボリック症候群の条件となります。


さらにメタボリック症候群なのかどうかの判断には、腹囲に加えて@脂質が中性脂肪150mg以上、またはHDLコレステロール40mg未満、A空腹時血糖が110mg以上、B収縮時血圧(上の血圧)が130mmHg以上、または拡張期血圧(下の血圧)が85mmHg以上、これら@からBまでのうち2つ以上が当てはまる場合にメタボリック症候群と診断されます。


メタボリック症候群対策は早急な課題となっています。ある調査では、40歳から74歳の男性2人に1人、女性の5人に1人がメタボリック症候群か、その予備群だったとする結果が出ています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。