◆初回送料無料◆気になりだしたその体重にメタボメ茶

メタボリック症候群と内臓脂肪型肥満

メタボリック症候群対策には内臓脂肪型肥満を予防することが大切です。肥満には、洋ナシ型といわれる下半身肥満とリンゴ型といわれる上半身肥満タイプがあります。洋ナシ型とは、下腹部や太もも、お尻に脂肪がつきやすい、ほとんどが皮下脂肪型肥満をいい、女性に多くみられます。りんご型とは、特にお腹まわりに脂肪がついている内臓脂肪型肥満を指すといわれています。 メタボリック症候群に該当する人は、腹囲が男性で85cm以上、女性で90cm以上で、内臓脂肪面積が男女ともに100平方センチ以上あると推定され、健康上の危険領域に足を踏み込んだ状態といえます。 メタボリック症候群は内臓脂肪が非常に問題になります。小腸などの内臓の周囲に蓄積された内臓脂肪が怖いのは、動脈硬化を抑制する作用のあるアディポサイトカインという物質の正常な分泌を妨げることです。その結果、動脈硬化が進み、糖・脂質代謝異常、高血圧になり、やがて重篤な心血管疾患等をひきおこします。 メタボリック症候群対策には喫煙習慣の改善も重要だといわれています。メタボリック症候群に喫煙習慣が加わると、病気の発症リスクがさらに高まるので、喫煙習慣の改善も早急の対策となります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。