◆初回送料無料◆気になりだしたその体重にメタボメ茶

メタボリック症候群対策のための運動量

メタボリック症候群対策には生活習慣病予防のための運動が欠かせません。厚生労働省は、増加する生活習慣病を予防するために「健康づくりのための運動指針2006<エクササイズガイド2006>」を発表しました。この運動指針は、安全で有効な運動を広く国民に普及することを目的とし、現在の身体活動量や体力の評価、目標の設定方法、運動内容の選択などについて具体的に示しています。

メタボリック症候群対策のための運動量の目標というのがあり、健康づくりのための身体活動量の目標というのが定められています。その内容は、週23エクササイズの活発な身体活動(運動・生活活動)を行う!そのうち4エクササイズは活発な運動を!というものとなっています。

メタボリック対策のための運動量の目標における、「身体活動」とは、「安静にしている状態より多くエネルギーを消費する全ての動き」と定義され、「運動」と「生活活動」に分けられます。

メタボリック症候群対策には、運動と生活活動を組み合わせて週23エクササイズ、そのうち4エクササイズは運動を行うことを目標とします。継続することが重要なので、無理をせずに日常生活の中で生活活動量を増やしたり、ライフスタイルに合わせた運動を行うことが推奨されています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。