◆初回送料無料◆気になりだしたその体重にメタボメ茶

メタボリック症候群と生活習慣病

メタボリック症候群対策には、メタボリック症候群に着目した健診や保健指導が不可欠です。現在、生活習慣病の患者やその予備群が増加しており、生活習慣病が死亡原因の約6割、国民医療費の約3割を占めています。このため生活習慣病の予防、特に、健診による予備群の早期発見と保健指導の徹底が重要と考えられています。

メタボリック症候群は内臓脂肪肥満が生活習慣病の共通の要因となっていることから、厚生労働省は、平成20年4月から医療保険者において40歳以上を対象にメタボリック症候群に着目した健診・保健指導を行うこととしています。これにより、平成27年度には平成20年に比べて糖尿病等の生活習慣病の有病者・予備群を25%減少させることを目標としています。

メタボリック症候群は過食、飽食などの食生活、運動不足などの長年の不健康な生活の蓄積が背景にあることは疑いのない事実です。便利で豊かになった生活が命を脅かしかねない病気の温床となっています。最近では、若年層の内臓脂肪蓄積肥満も懸念されています。

メタボリック症候群対策は子供から大人までの全世代に渡って、気をつけていかねばならない、最優先課題です。年齢を問わず日ごろからの健康管理に気を配ることが大切です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。