◆初回送料無料◆気になりだしたその体重にメタボメ茶

メタボリック症候群の患者数

メタボリック症候群対策には食事療法や運動が大切です。メタボリック症候群は、内臓脂肪の蓄積と、それを基盤としたインスリン抵抗性及び糖代謝異常、脂質代謝異常、高血圧を複数合併するマルチプルリスクファクター症候群で、動脈硬化になりやすい病態です。

メタボリック症候群対策が必要な人達は、40歳から74歳の男性2人に1人、女性の5人に1人がメタボリック症候群が強く疑われるかその予備群と考えられ、同年齢における有病者数は約940万人、予備群者数は1020万人、併せて約1960万人と推定されています。

メタボリック症候群では、虚血性心疾患や脳血管疾患などの動脈硬化症疾患を発症する可能性が高くなります。そのため運動習慣の徹底や食生活の改善など生活習慣の改善により内臓脂肪を減少させ、それらの発症リスクの低減を図る必要があります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。