◆初回送料無料◆気になりだしたその体重にメタボメ茶

メタボリック症候群とは

最近メタボリック症候群という言葉をよく見たり、聞いたりしますね。でも、メタボリック症候群とは具体的にどんな状態のことをいうのか、なぜ、からだによくないのか、どんなふうに対応したらいいのか、きちんと答えられる人は意外に少ないようです。

メタボリック症候群の原因は、お腹や内臓の周りに脂肪が溜まった状態です。つまり肥満の状態なんですが、肥満は大きく2つのタイプに分かれます。ひとつは内臓の周りに脂肪が蓄積する「内臓脂肪型肥満」です。もうひとつは、下腹部や腰、おしり、太ももの周りの皮下に脂肪が蓄積する「皮下脂肪型肥満」です。

メタボリック症候群対策には、「内臓脂肪型肥満」と「皮下脂肪型肥満」の両方に対して必要です。このうち、内臓脂肪型肥満は、隠れ肥満とも言い、一見するとそれほど太って見えないことが多いのですが、実は高脂血症、高血圧、糖尿病を引き起こして動脈硬化を進める原因になることがわかっています。

一つひとつは軽症でもこうした「内臓脂肪型肥満、高脂血症、高血圧、糖尿病」など、動脈硬化を進めるリスクを複数併せ持った状態のことをメタボリック症候群といいます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。