◆初回送料無料◆気になりだしたその体重にメタボメ茶

メタボリック症候群 合併症

メタボリック症候群ということは、高脂血症や高血圧、高血糖等の動脈硬化を引き起こす要因を持っている事になります。しかも、そのリスクを何倍も高めてしまう内臓脂肪が蓄積しています。

なので、動脈硬化から狭心症や心筋梗塞、脳梗塞、壊疽などいろいろな重大疾患が合併症として発症しやすくなっています。

メタボリック症候群やその予備軍と診断されたら生活習慣の改善と合わせて合併症の予防・進行を防ぐ治療が重要です。

メタボリック症候群 診断基準

メタボリック症候群対策には、まず自分がメタボリック症候群なのかどうかのチェックすることが必要です。では、自分がメタボリック症候群なのかどうかのチェックをするにはどうすればよいでしょうか。メタボリック症候群のチェックには、おへその高さの腹囲と血液中の脂質や空腹時血糖、血圧の値を組み合わせて判断します。


まず腹囲についてですが、男性で85センチ以上、女性で90センチ以上であることが、メタボリック症候群の条件となります。


さらにメタボリック症候群なのかどうかの判断には、腹囲に加えて@脂質が中性脂肪150mg以上、またはHDLコレステロール40mg未満、A空腹時血糖が110mg以上、B収縮時血圧(上の血圧)が130mmHg以上、または拡張期血圧(下の血圧)が85mmHg以上、これら@からBまでのうち2つ以上が当てはまる場合にメタボリック症候群と診断されます。


メタボリック症候群対策は早急な課題となっています。ある調査では、40歳から74歳の男性2人に1人、女性の5人に1人がメタボリック症候群か、その予備群だったとする結果が出ています。

メタボリック症候群 予防

メタボリック症候群対策のためにはメタボリック症候群を予防するための目安を知っておくことが大変重要となります。「適正体重」「運動習慣の基準」「食生活の基準」など、さまざまな指標を覚えておく必要があります。メタボリック症候群対策のためには全ての数値を理解しておくことが大切です。どのくらいの運動をしたらよいかなどの「運動」や「食生活」の目安となる数値などが公開されているので、以下に紹介します。


・BMI<18.5…やせ
・BMI>25…肥満


メタボリック症候群対策のためには適正体重を知っておくことも大切です。適正体重とBMIの計算方法をおぼえておきましょう。

・適正体重の計算方法
 適正体重(kg)=身長×身長(m)×22
 例)身長165cmの場合、適正体重は1.65×1.65×22=59.9kg

・BMIの計算方法
 BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
 例)身長1m65cm(1.65m)で体重が65kgの場合、
   65÷1.65÷1.65=23.9

メタボリック症候群対策のためには運動習慣の徹底は不可欠です。次は運動習慣の基準をご紹介しておきます。

・日常生活における歩数(1日当たり)
 男性9200歩以上
 女性8300歩以上

・運動の習慣化
 1回30分以上の運動を週2回


メタボリック症候群対策のためには食生活の改善は不可欠です。次は食生活の基準をご紹介します。

・脂肪によるエネルギー摂取は25%以下に(20〜40歳代
・食塩摂取の減量を。目標は、1日10g未満
・野菜の摂取量の増加を。目標は、1日350g以上
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。